HOME

お問合せ

交通アクセス

日本語English

宮坂恵子 「ぬかるみの淵」

日時

2021年4月24日(土)~5月9日(日) ※4/26、5/6休廊

12:00~19:00(最終日は17時まで)

入場料

無料

場所

愛知県立芸術大学サテライトギャラリー SA・KURA
(〒461-0005名古屋市東区東桜1-9-19 成田栄ビル地下1階)


この度、愛知県立芸術大学サテライトギャラリーSA・KURAにおいて、宮坂恵子による個展「ぬかるみの淵」を開催いたします。

宮坂は2017年に本学で博士の学位を取得、現在愛知県を拠点に制作活動を行なっています。博士論文では、いきものである私が画面(キャンバス)に向かうとき、それを「いきもののからだ(生体)」のように動的で柔軟、可変的で流動的な存在と捉え関わることで、自身をも変化させながら描くことを構想したと言います。その一つの手法として、綿の糸で編んで作った「編み型」を用いた作品を発表しています。編み型を繰り返し画面に押し当てることで生み出される、不具合や混乱を受け入れ、自らが変化しつつそれに向き合うことで「生体を育む」ように描くことに繋がりました。これによって、編み型のように筆を使うことが身に付き、以前よりも柔軟に描くことができるようになったと振り返ります。卒業後は、筆や絵具を介して画面と関わる中で、あるイメージが浮かび上がったり、溶けたり、混じり合うことを楽しみながら制作しています。

宮坂は、描くということの本質について、独自の視点で追求してきました。本展覧会では宮坂の学生時代から現在までの作品を俯瞰的に構成しています。「生きる」ことを模索しながら表現する宮坂の作品を是非とも、ご覧下さい。

ぬかるみの淵に身をおくような心地でいきものとしての私がいま絵を描く

[淵]

水を深くたたえているところ

物事のでてくる根源

容易に抜けられない苦しい境遇。苦境

宮坂恵子

※新型コロナウイルス感染症の状況により、予定を変更する場合がございます。

 最新情報は大学ウェブページ、サテライトギャラリーSA・KURAウェブページをご確認ください。

詳細はこちら(サテライトギャラリーSA・KURAウェブページ)

詳細

こちらのチラシをご覧ください。

[問い合わせ]

愛知県立芸術大学
芸術情報・広報課
Tel:0561-76-2873(平日9:00~17:30)