HOME

お問合せ

交通アクセス

日本語English

《災害と文化財》シリーズ5周年シンポジウム 地域の文化財ネットワークを考える―瀬戸・長久手・豊田エリア―

日時

2020年12月6日(日)13:00~15:30

場所

愛知県立大学 長久手キャンパス S201教室
(〒480-1198 愛知県長久手市茨ケ廻間1522番3)

※本学キャンパスではありません。ご注意ください!


入場料

入場無料(要事前申し込み・定員100名、オンライン参加も可能)
申込期限:2020年11月20日(金)

【申込方法】
申込はこちら(愛知県立大学ウェブサイト)
メール(renkei@bur.aichi-pu.ac.jp)、Fax(0561-64-1104)でのお申込も可能です。
(電話での申込みはできません。)

※参加ご希望の方は、必ず事前にお申込みが必要です。

※オンライン参加の方には、Zoomで動画配信を行います。ご希望の場合はご利用のPC環境がZoomの利用に適しているか、事前にご自身にてご確認ください。開催日が近づきましたらZoom参加用のURLをメールでご連絡いたします。

※今後の新型コロナウイルス感染症拡大の状況によっては、現地会場への来客入場を取りやめる場合がございます。(オンラインでの配信のみ実施)

※現地会場は感染症対策(換気等)の都合上、防寒対策をしてご参加ください。


地震や台風などの災害への対応や日頃からの備えは、昨今の文化財の保存継承にとって重要なテーマとなっています。愛知県においても、自治体や博物館・大学等の研究機関をはじめ、地域住民をも巻き込んだ形で文化財を守るネットワーク作りが課題です。今回のシンポジウムでは、そうした課題に実践的な形で提言を続けている村田眞宏氏(豊田市美術館 館長)による講演と、県立大・県立芸大の地域に関わる文化財保護の事例報告を行い、県立二大学のある瀬戸・長久手と、隣接する豊田市を中心とした地域の文化財ネットワークの推進について考えます。




プログラム

基調講演
「災害に備える 情報とネットワーク」村田眞宏(豊田市美術館 館長)

発表1
「資料ネットの現在」大塚英二(愛知県立大学日本文化学部 教授)

発表2
「地域文化資源の活用と交流」阪野智啓(愛知県立芸術大学美術学部 准教授)

討論会
「地域ネットワークと大学との関わり」座長/北田克己(愛知県立芸術大学文化財保存修復研究所 所長)


【主催】愛知県公立大学法人 愛知県立大学・愛知県立芸術大学

詳細

こちらのチラシをご覧ください。

[問い合わせ]

・申込状況・開催会場・アクセス等に関するお問い合わせ
愛知県立大学 研究支援・地域連携課
Tel.0561-76-8843(平日9:00〜17:30)

・シンポジウム内容に関するお問い合わせ
愛知県立芸術大学 文化財保存修復研究所
Tel.0561-76-2873(平日9:00〜17:30)