HOME

お問合せ

交通アクセス

日本語English

【学生の皆様へ】緊急事態宣言解除による対面授業開始について(5月29日更新)

 愛知県では、5月14日(木)に、国による新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言が解除されました。しかしながら、愛知県は県独自の緊急事態宣言を5月31日(日)までとし、緊急事態措置を継続しつつ、段階的に社会経済活動のレベルを上げていくこととしています。

 これを受け、6月1日(月)より感染拡大防止措置を講じた上で、感染リスクを抑えることが可能と判断した授業科目から段階的に対面授業を開始することといたします。授業の詳細については、近日中にUNIVERSAL PASSPORT等でお知らせしますので、必ずご確認ください。

 なお、現在休止しているアトリエや練習室の使用については、6月1日(月)から当面の間、利用時間を平日の8:50~18:00までとします(土曜・日曜の学生の入構を禁止とします)。この詳細についても、UNIVERSAL PASSPORTにてお知らせします。

 しかしながら、感染の恐れがなくなったわけではありません。各自が「三密」を防ぐ新型コロナウイルス専門家会議が提唱した「新しい生活様式」の実践と定着に、引き続き努力をしていく必要があります。対面授業開始に向けて、大学では感染防止対策のために様々な準備をしております。皆さんも引き続き、自主的・積極的に次のことに留意してください。

  1. 「三密」を避ける行動
  2. 毎日「体調確認票」を記録・携帯すること
  3. マスクの着用・手洗いの徹底
  4. 教室、アトリエ、練習室などの部屋の換気


※現在帰省中で県外から本学へ来る場合や、公共交通機関を利用して通学する場合は、移動時にマスクを着用するとともに「三密」を避けてください。また、「体調確認票」により、毎日必ず健康をチェックしてください(授業開始時に教員から体調確認があります)。体調が悪い場合は登校しないでください。その際は大学へ連絡し、自宅や下宿等で静養することを徹底してください。

愛知県立芸術大学新型コロナウイルス感染症ガイドライン(6月8日更新)

体調確認票(Word)

体調確認票(PDF)