HOME

お問合せ

交通アクセス

日本語English

学長メッセージ【新入生の皆さんへ】

 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。
 保護者の皆様にも、心よりお祝い申し上げます。

 新型コロナウイルス感染防止の観点より、入学式中止の決断に至らざるを得なかったことを大変残念に思います。世界中で猛威を奮っているこのウィルスの脅威を目の当たりにし、今はあらゆる人の行動に理性が求められていると考えます。これから暫くの間、私たちは私たち一人一人の節度ある行動が、何よりも大切な命を救う事に繋がっているという自覚を持つ必要があるでしょう。

 入学式の式典は中止になりましたが、この場を借りて新入生にメッセージを送ります。

 愛知県立芸術大学のキャンパスは、周囲を広大な森に囲まれています。自然と芸術とは切っても切れない関係にあり、古来、多くの芸術家や音楽家達が自然から霊感、インスピレーションを受け、名作、名曲等の芸術作品を残して来ました。自然には人間の豊かな感性を育てる力があります。


 我々は今、猛烈な情報社会の中で生きていますが、その玉石混淆、雑多な情報の中で、何が正しく、何が重要であるか、言わば物事の本質を見抜く力、眼というものが、これからの時代は、ますます必要となるのではないでしょうか。


 人が生きていく上で本当に大切な物は何なのか。人々や世の中に新たな気づきや問題を投げかけ、そして生きる力を育てる。これも芸術が持つ大切な一面であり、役割だと考えます。
 芸術は人の生きる力に成り得る物と考えます。


 ドイツの社会心理学者、エーリッヒ・フロムは、技術の修練、修得に必要なものは、規律と集中、そして忍耐だと言っています。なかでも集中力を身につける事は、規律を身につけるよりもはるかに難しいとも。


 都会の喧噪から離れたこの「芸術の森」の中で、皆さんはどうか美術、音楽という、皆さんの大好きな事にとことん集中し、没頭し、将来の皆さんの仕事や活動において最も大切となる、人や仕事に対する真摯で誠実な姿勢、態度というものを身に付けて頂きたいと思います。
 本学は、美術、音楽を通して自分自身を見つめ、人間を鍛える、人間力を養う、そんな場所でもあるのです。


 厳しく、愉しく、そして大らかに!
 実り多き大学生活であることを祈っています。
 愛知県立芸術大学は、皆さんを歓迎します。 

 令和2年4月吉日   
                       

愛知県立芸術大学学長

戸山 俊樹