HOME

お問合せ

交通アクセス

日本語English

新型コロナウイルス感染症に対する対応について(5月29日更新)


1 感染症対策について

(1)基本的な感染症対策の実施

感染症対策のポイントは以下の3つです。

① 感染源を絶つこと  ② 感染経路を絶つこと  ③ 抵抗力、免疫力を高めること

① 感染源を絶つために
  • 毎日検温し、体調の変化を体調確認票へ記入してください。

体調確認票(Word)

体調確認票(PDF)

  • 発熱等の風邪の症状がみられる場合は、自宅に留まり、大学に連絡してください。
  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合は、愛知県の「新型コロナウイルスに関する相談窓口」に相談し、その指示に従い、結果をすみやかに大学へ報告してください。

学 生:学務課 電話0561-76-2898

教職員:総務課 電話0561-76-2492

新型コロナウイルスに関する相談窓口(愛知県新型コロナウイルス感染症対策サイト):

https://www.pref.aichi.jp/site/covid19-aichi/soudan.html


② 感染経路を絶つために
  • 手洗いやマスク、咳エチケットなどの基本的な感染症対策を徹底してください。
  • 海外から帰国した学生及び教職員は、帰国から14日間は自宅待機してください。

③ 抵抗力、免疫力を高めるために
  • 十分な睡眠と適度な運動やバランスの取れた食事を心がけてください。


(2)集団感染リスクへの対応

集団感染が確認された場に共通する3条件は、①密閉 ②密集 ③密接です。

「三つの密」を避けるために以下のことを行います。


① 換気の徹底

教室等の窓、扉をこまめに開放(2方向以上が望ましい)します。


② 人が密集することを避けます

教室等では、可能な限り間隔を空けて座り、対面とならないようにしてください。


③ 近距離での会話を避けてください

止むを得ず、近距離での会話や発声等が必要な時は、飛沫防止のためにマスクを装着してください。なお、本学における実技授業や個人レッスンの感染防止の具体的な対応については、教職員・学生へのガイドラインを参照してください。

※愛知県立芸術大学新型コロナウイルス感染症ガイドラインを更新しました。(6月8日更新)

愛知県立芸術大学新感染防止ガイドライン(6月8日更新)

体調確認票(Word)

体調確認票(PDF)


※愛知県立芸術大学新型コロナウイルス感染症ガイドラインの更新に伴い、体調確認票の様式の見直しを行いました。(5月18日更新)


(3)感染が判明または感染が疑われる濃厚接触者となった場合の対応

すみやかに大学に連絡してください。保健所の指導に従っていただきます。

【連絡先】

学生:電話0561-76-2898(学務課)または、UNIVERSAL PASSPORT 「Q&A」から連絡

教職員:電話0561-76-2492(総務課)または、メール kikikanri@mail.aichi-fam-u.ac.jp へ連絡


2 大学行事等について

最新情報を「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)における愛知県立芸術大学の活動指針」で確認してください。

なお、新型コロナウイルス感染症については、日々状況が変化しており、今後の状況によっては、これらの対応等を変更することがあります。常にウェブサイト、UNIVERSAL PASSPORTより最新の情報を得てください。