HOME

お問合せ

交通アクセス

日本語English

鈴渓藝塾(愛知県立芸術大学×常滑市)野外展示「屋根のない美術館」

日時

2019年9月21日(土)〜9月23日(月・祝)

11:00〜17:00(入場は16:30まで)

場所

小脇公園(海のみえるふるさと体験農園)

(479-0809 愛知県常滑市坂井小脇10)

Tel. 0569-37-1531 駐車場有(無料)


入場料

無料


愛知県立芸術大学では、常滑市の南部地域における教育・環境・資源・観光などの様々な課題と向き合いながら、芸術・文化活動を通じて持続的な地域活性を図ることを目的として、2017年度より常滑市と連携した取り組みを行っています。

革新的藝術文化拠点「鈴渓義塾」の設立を目指し、鈴渓義塾(*1の精神と想いを継承し、国境を越えた地球規模の視野・草の根の地域の視点をもつ GLOCAL (Global+Local)な人材育成を目的としたレジデンスプログラムと、地域の方々が主体となって関われるワークショップや里山再生などのプログラムを展開しています。

3回目を迎える今回は、学内公募により選出し、小脇公園と坂井地区を中心にフィールドワーク(調査・研究・創作)活動に取り組んでいます。

本展「屋根のない美術館」は、小脇公園の環境整備と合わせて進めており、公園一帯を美術館に見立て、この地の白沙青森(*2をそれぞれの視点で野外作品やパフォーマンス、リ・デザインなどを展示します。また、学生によるワークショップや作品解説付きの作品ツアーなども実施します。


(*1)鈴渓義塾(れいけいぎじゅく)

小鈴谷村の庄屋を代々務めてきた盛田家第11代当主盛田命祺(めいき)が、これからの日本には教育が必要だ、と考え、私塾「鈴渓義塾」を明治21年に創設した。塾長には伊勢神宮嗣官・御師の子息である溝口幹(みぞぐちみき/1852-1933)を据えた。「知多の最高学府」とも呼ばれ、輩出した卒業生には、石田退三、盛田善平、伊東延吉、石黒魯平、森下信衞、榎本誠など各界で活躍した方々がいる。

(*2)白沙青森(はくさせいしん)

小脇公園はきれいな海が眼下に広がり、公園内には豊かな森林(自然環境)が広がっている様子を表現した造語



参加学生(塾生)

油画専攻

伊賀 文香  大内 美沙季  山本 絃美   石黒 貴之

近藤 碧   楢井 真琴   馬場 はるな  井藤 叶多

伊藤 菜穂  押谷 藍花   小島 千尋   佐藤 稜二

中根 惇   戎 亜衣莉   久保石 幸鈴  三浦 琉聖

彫刻専攻

大西 佑弥  川角 大和   鈴木 涼平   平石 英士

蓮井 香佳  早川 あかり  水野 りお

  

デザイン専攻

青山 紗也   伊藤 萌香



作品ツアー

参加学生自らが展示会場をご案内して作品を紹介します。

作品ツアー中には、パフォーマンスなども行われる予定です。

9月21日(土)、22日(日)、23日(月・祝)

各日 12:00開始(2時間程度)※雨天中止


ワークショップ「愛知県立芸術大学の学生さんと一緒に作ろう!」

① 「オリジナルの缶バッチをつくろう!」

本学学生に教わりながら、絵を描いて、缶バッチをつくります。
会 場|特設ワークショップテント(小脇公園内)

時 間|各日12:00〜15:00(受付は14:30まで)

料 金|1個につき100円(缶バッジ材料代)

対 象|幼児〜大人(未就学児は保護者同伴)

「フェイスペインティグをしよう!」
フェイスペインティグ用の絵具を使って顔や手に思い思いの絵を描くことができます。

会 場|特設ワークショップテント(小脇公園内)

時 間|各日12:00〜15:00(受付は14:30まで)

対 象|幼児〜大人(未就学児は保護者同伴)



【主催】

愛知県公立大学法人 愛知県立芸術大学

【企画】

トコトコ研究会・愛知県立芸術大学美術学部美術科油画専攻(岩間賢研究室)

【後援】

常滑市

【協力】

小脇公園・坂井地区

詳細

こちらのチラシをご覧ください。

[問い合わせ]

愛知県立芸術大学
芸術情報・広報課
Tel:0561-76-2851(平日9:00〜17:30)