HOME

お問合せ

交通アクセス

日本語English

2019年 法隆寺金堂壁画模写 秋季展【特別陳列】模写解剖

日時

2019年

9月14日(土)~9月29日(日)

10月22日(火・祝)~11月3日(日)

11月16日(土)~11月30日(土)


【開館時間】

10:00~16:00(入館は15:30まで)

※休館日:月曜(祝日の場合は開館、翌日休館)および11月23日(土)、24日(日)

場所

愛知県立芸術大学 法隆寺金堂壁画模写展示館


愛知県立芸術大学法隆寺金堂壁画模写展示館では、2019 年の秋季展として「模写解剖」を開催いたします。愛知県立芸術大学では、日本画専攻初代教授片岡球子の主導のもと開学間もない1974年から模写制作を始めました。この模写事業はその後も不断に続けられ、現在までに完成した作品は62点に及んでいます。これら模写作品群は、デジタル複製技術が発達した今日でも人の目と手で地道に制作している点に大きな特徴があります。
本展では、愛芸模写の記念すべき第一作目である≪法隆寺金堂壁画模写≫に加え、第二作目の≪高松塚古墳壁画模写≫や同素材同技法にこだわった後年の≪伝源頼朝像模写≫、さらにその白描下図を展示します。この白描下図は、模写制作の過程で生まれる副産物で通常目に触れるものではありませんが、今回特別に展示いたします。愛知芸大の模写がどのような歴史的背景のもとで始まり、どのような材料で、どのような工程を経て制作しているのか、描かれた表面を眺めるだけでは見えにくい愛芸模写の裏側を、ご覧ください。


主な展示予定作品

・伝源頼朝像模写(原本:神護寺蔵)
・高松塚古墳壁画模写(原本:文部科学省所管)
・伝真言院曼荼羅模写(原本:教王護国蔵)
・法隆寺金堂壁画模写 6号壁阿弥陀浄土図

詳細

こちらのチラシをご覧ください。

[問い合わせ]

愛知県立芸術大学
芸術資料館
Tel:0561-76-4698(平日9:00〜17:30)