HOME

お問合せ

交通アクセス

日本語English

【終了】管打楽器コース特別講座 トロンボーン奏者 ペーター・シュタイナー公開レッスン&ミニコンサート

日時

2019年5月7日(火)18:15~

場所

愛知県立芸術大学 室内楽ホール

※公共交通機関でお越しください。


入場料

無料[定員200名]

※整理券はありません。直接会場へお越しください。

※満席の場合はご入場いただけません。

※未就学児の入場はご遠慮ください。


講義内容

公開レッスン及びミニコンサート

<国際コンクール及びオーケストラオーディション課題曲対策>

ウィーンフィル契約団員など多数のオーケストラ経験をし、ソリストとしてリサイタル世界ツアーを行っている、若手トロンボーン奏者の"今"の技術と音楽性を知ることができるコンサートです。

受講曲目・受講者

岩石 茉奈(学部4年): F.David/Concertino in Es dur

秋口 響哉(学部2年):D.Bourgeois/Trombone concerto

講師プロフィール

ペーター・シュタイナー Peter Steiner(Trombone)

ペーター・シュタイナーは若くしてその才能を認められ、彼の出身地であるイタリア・ボルツァーノの音楽院で勉強を始めたのち、オーストリアのザルツブルク・モーツァルテウム音楽院にて学ぶ。その後、ニューヨーク・ジュリアード音楽院で学び、2016年に同音学院を卒業。主に、ジョセフ・アレッシ、ワーレン・デック、ニッツァン・ハロズ、ダニー・ボンヴァンの各氏に師事。2014-2015年シーズンにコロラド交響楽団主席トロンボーン奏者として、2016-2017年シーズンにはウィーン国立歌劇場管弦楽団。ウィーンフィルハーモニー管弦楽団契約首席奏者を務める。また世界各国の著名なオーケストラでの客演も行っている。ソリストとしては、ピアノとのデュオ・シュタイナー=ホッホヴァルトナーでの活動の他、彼のために作編曲された作品の世界初演や、インターナショナル・トロンボーン・フェスティバル(ITF)をはじめとする国際音楽祭でのリサイタルなど多岐にわたる。国際コンクールでも2015年スライドアジア・コンペティション他受賞入賞歴多数。

また、2017年1月にはデビューアルバム「UNITED」(Hello Stageレーベル)をリリース。

コンスタンツェ・ホッホヴァルトナー Constanze Hochwartner(Piano)

3歳からピアノを始める。その才能を見出され、2005年にグラーツ国立音楽大学ギフテット教育クラス(早期教育プログラム)への入学を認められる高校卒業後、ピアノからオルガンに転向し、ウルリッヒ・ヴァルター教授のもとで学ぶ。同時に器楽歌唱教育学とピアノも学びながら2017年秋に卒業。2017年10月よりグラーツ国立音楽大学にてカリン・タファイト氏のもとで修士課程在学中。同大学にて同時にグンター・ロスト教授にも学んでいる。

グラーツ教区教会の「Klingender Adventkalender2014」にソリストとして複数回出演。グラーツ大聖堂にて2015年と2016年に、またグラーツのヘルツ・イエズ教会の「グラーツ・オルガンの春」にて2016年にソリストとして演奏する。2017年6月にはオーストリア・レオーンの聖ザビエル教区教会にてリサイタルを、グラーツ国立音楽大学にて金管アンサンブルとともに演奏会を開催した。室内楽ではトロンボーン奏者ペーター・シュタイナーとのデュオ活動の他、コントラバス奏者ベネディクト・ホッホヴァルトナーとも定期的に演奏活動をしている。

コンサートプログラム

未定

詳細

こちらのチラシをご覧ください。

[問い合わせ]

愛知県立芸術大学
学務課
Tel:0561-76-2749