HOME

お問合せ

交通アクセス

日本語English

【終了】弦楽器コース特別講座 音楽家のためのからだのレッスン ディスポキネシス福富祥子氏を迎えて

日時

2019年1月29日(火)18:00~20:30

場所

愛知県立芸術大学 演奏棟オペラ合唱室


講義内容

前半 自分の体に気づく

後半 体の動きと音楽の動きを繋ぐ

・ディスポキネシス(Dispokinesis)は演奏するときに身体や表現に起こる様々な不調和を解決するために、1960年代にオランダの理学療法士クラースホルスト(Gerrit Onne van de Klashorst)によって創設された音楽家のための身体法です。

※レッスンの受講者は本学学生のみですが、一般の方の聴講も可能です。


講師プロフィール

福富祥子

チェロ奏者。東京芸術大学音楽学部付属音楽高等学校、同大学を経て同大学大学院修了。

ローマ国際室内楽コンクール第1位、ヨーロッパ国際音楽コンクールデュオ部門最高位等受賞多数。ドイツにて「ディスポキネシス(理学療法に基づく演奏者のための身体法)・トレーナー養成コース」を受講し公認トレーナー資格を取得。並行して、東京芸術大学大学院博士後期課程で特に弦楽器奏者の問題を取り上げ、演奏家の心身の調和について研究を行い、2009年博士号(音楽)を取得。

現在、東京芸術大学非常勤講師として同大学で講義『演奏身体論』を行うほか、京都市立芸術大学、沖縄県立芸術大学、愛媛大学などで『演奏者のための身体法』特別講座を行う。

詳細

こちらのチラシをご覧ください。

[問い合わせ]

愛知県立芸術大学
学務課
Tel:0561-76-2749