HOME

お問合せ

交通アクセス

日本語English

【終了】2018年 法隆寺金堂壁画模写 春季展【特別陳列】仏の顔、人の貌

日時

2018年3月21日(水・祝)~31日(土)、4月18日(水)~5月3日(木・祝)、

5月15日(火)~31日(木) (月曜、5月1日(火)は休館)

【開館時間】10時00分~16時00分(入館は閉館30分前まで)

場所

愛知県立芸術大学 法隆寺金堂壁画模写展示館

 長久手市岩作三ケ峯1-114


2018年の春季展では、常設展示である≪法隆寺金堂壁画模写≫に加え、特別陳列として、仏や人の顔に着目した模写作品を展示します。

仏のお顔には、眉間の印や頭頂の出っ張りなど、人とは異なる特徴がみられます。また、その頬は多く円やかに表されます。そこには、信仰の対象としての理想が反映されています。対して人の顔、特に肖像画に描かれる像主の顔は、その目や鼻、輪郭の特徴を正確に写し取ることを主眼とし、中には像主の人格をも映し出すものがあります。

本学が長らく取り組んできた模写作品のうち法隆寺金堂壁画模写や伝源頼朝像模写などから、仏画に表される仏の顔や特定の個人の肖像に描かれた顔がどのような表現を持ち、どのように異なるのかを、ご紹介いたします。

詳細

こちらのチラシをご覧ください。

[問い合わせ]

愛知県立芸術大学 芸術資料館
(平日9:00~17:00)
℡.〈0561〉76-4698