HOME

お問合せ

交通アクセス

日本語English

【終了】平成28年度 文化庁メディア芸術連携促進事業 ワークショップ 「メディアアート文化史構築のためのデータベースとインターフェイス研究会」

日時

2017年1月22日(日)午後1時—午後5時30分

場所

NTTインターコミュニケーション・センター[ICC] 4階 特設会場


概要

現在開発中の「日本のメディアアート文化史構築のためのデータベースとインターフェイス」の内容を公開し,プロジェクトメンバーが,公開デモとプレゼンテーションを行ないます.メディアアートに文化的拡張性を含めて捉え直しながら,新たな視点の提案とディスカッションを行ないます.今後の同データベースとインターフェイスの利活用や発展可能性について,近現代美術史,歴史情報の可視化,情報工学などの観点から議論を広げていきます.

 

キーノートスピーカー

関口敦仁(愛知県立芸術大学),田中良治(セミトランスペアレント・デザイン),細谷誠(日本大学)

 

ファシリテーター

秋庭史典(名古屋大学大学院),永原康史(多摩美術大学),原島大輔(東京大学大学院),松井茂(情報科学芸術大学院大学),水野勝仁(甲南女子大学)

 

定員

20名(事前申込制)

 
参加費

無料
*見学自由

 
対象

・日本のメディアアート史,近現代美術史に関心のある研究者,学生
・歴史情報の可視化に関心のあるデザイナーや研究者,学生
・映像メディア表現関係者,学芸員,アーティスト,エデュケーター
・情報学、情報工学関係者 など

 
主催

文化庁

 
運営

愛知県立芸術大学

 
協力

NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]

http://www.ntticc.or.jp/ja/exhibitions/2017/workshop-on-database-interface-development-for-media-arts-and-culture-jan-22-2017/

申込方法[先着順]

定員に達しましたので、申込みを締め切らせて頂きました。

[問い合わせ]

愛知県立芸術大学 学務部 芸術情報課
Tel:0561-76-2851(平日 午前10時—午後5時)
Mail:mediabunka2017@gmail.com