HOME

お問合せ

交通アクセス

日本語English

【終了】愛知芸大特別講座(音楽学コース) ラモーのオペラにおける政治的意味合い Political Subtext in Rameau's Operas

日時

2017年1月25日(水)16時10分~17時40分

場所

愛知県立芸術大学音楽学部大演奏室A


講師

ラファエル・ルグラン教授(パリ=ソルボンヌ大学)
Dr. Raphaëlle Legrand (Université de Paris-Sorbonne)  

 

受講料

無料 事前申し込み不要
英語による講演(通訳あり)

 

講師プロフィール

パリ=ソルボンヌ大学教授。18世紀フランスのオペラとオペラ=コミックに関する研究の第一人者で、特にラモーの作品とジェンダー問題を扱っている。
ソルボンヌ大学では、二つの研究グループを立ち上げている。パフォーミング・アーツに特化したGRIMASと女性音楽家の問題に特化したCReIM である。
数多くの著作があり、代表作として、『ラモーと和声の力Rameau et le pouvoir de l'harmonie』(2007)がある。また、数多くのラモーのオペラに関する論文を執筆している。彼女はまた、Nicole Wild と共著で、『オペラ=コミックへのまなざし、劇場生活の3世紀Regards sur l'opéra-comique, Trois siècles de vie théâtrale』(2002)を刊行している。

 
主 催

愛知県公立大学法人 愛知県立芸術大学

 

企 画

愛知県立芸術大学 音楽学部 作曲専攻 音楽学コース

[問い合わせ]

愛知県立芸術大学 学務課
Tel:0561-76-2898