HOME

お問合せ

交通アクセス

日本語English

東谷 護  Mamoru TOUYA

氏名東谷 護  Mamoru TOUYA
職名教授
教育活動[学部]
 音楽学研究ⅠB,ⅡA,ⅢAB, ⅣAB,卒業論文
 ポピュラー音楽概論,音楽学特講,学内発表(音楽学)
[大学院]
 博士前期:音楽総合研究(音楽学領域),特殊研究(音楽学領域6、8),音楽総合研究修士論文,音楽総合研究修了論文
 博士後期:音楽理論研究ⅡAB
学位博士(人間・環境学)京都大学
学歴2005年 京都大学大学院 人間・環境学研究科文化・地域環境学専攻 博士後期課程修了
職歴[常勤]
 2007年 成城大学 文芸学部 准教授(~2015年)
 2015年 成城大学 文芸学部 教授(~2018年)
 2018年 愛知県立芸術大学 音楽学部 教授(現在に至る)
[主な非常勤]
 東京芸術大学 音楽学部音楽環境創造科(ポピュラー音楽研究,博士論文指導[副査])
 東京大学 教養学部後期課程(比較芸術論)
 早稲田大学 第一文学部(音楽,人文演習、卒業論文[主査])
 桐朋学園大学 音楽学部(音楽史各論)
 東京工業大学 工学部(音楽文化論第一)
 ソウル大学校 社会科学大学言論情報学科客員教授(大学院特別セミナー)
専門分野音楽学(ポピュラー音楽研究),文化研究、表象文化論
研究課題現代における音楽実践の「場」から生成される音楽文化の研究
20世紀以降の音楽表現史の構築
研究教育実績[著書]
『教養教育再考 -これからの教養について語る五つの講義』(編著)ナカニシヤ出版,2019年
『表現と教養 -スキル重視ではない初年次教育の探求』(編著)ナカニシヤ出版,2019年
『マス・メディア時代のポピュラー音楽を読み解く-流行現象からの脱却』勁草書房,2016年
『日本文化に何をみる? -ポピュラーカルチャーとの対話』(共著)共和国,2016
『ポピュラー音楽から問う-日本文化再考』(編著)せりか書房,2014年
『拡散する音楽文化をどうとらえるか』(編著)勁草書房,2008年
『大学での学びかた-「思考」のレッスン』勁草書房,2007年
『進駐軍クラブから歌謡曲へ-戦後日本ポピュラー音楽の黎明期』みすず書房,2005年
『ポピュラー音楽へのまなざし-売る・読む・楽しむ-』(編著)勁草書房,2003年
『ブラスバンドの社会史-軍楽隊から歌伴へ』(共著)青弓社,2001年
ほか
所属学会・団体日本ポピュラー音楽学会
東洋音楽学会
表象文化論学会
日本社会学会
社会的活動[主な委員]
1.日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員(1段、芸術一般)(2014年12月~2016年11月)
2.日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査委員(人文学領域)(2011年8月~2013年7月)

[主な招聘講演]
1.“Thinking Through the “Westernization” in Japanese Music”, Keynote Speech presented at the workshop “Music and Global Modernity: An interdisciplinary Workshop”, MIT History Faculty, (MIT, Boston, February 23, 2018).
2.日本学術会議 社会学委員会社会理論分科会公開シンポジウム「「越境する」社会学:近接領域と社会学理論との対話」(招聘パネリスト)
3.“Thinking Through the “Gaps”( MA ) in Japanese Music”, presented at the colloquium of Department of Asian and Middle Eastern Language and literatures, Dartmouth College (Dartmouth College, Hanover, November 4, 2013).
4.「教養教育の再構築とカリキュラム・ポリシー-「問う力」を育てる教養教育の実践-」京都三大学教養教育研究推進機構教育IRセンター(京都府立大学, 2013年7月26日).
5.“Japanese Popular Music Culture during the U.S. occupation”, presented at the colloquium of Graduate Institute of Musicology, (National Taiwan University, Taipei, December 28, 2012).
6.“ From Street Musicians to The Top of Charts: the history of Japanese Popular Music”, presented at the colloquium of MIT/Harvard Cool Japan research project, (MIT, Boston, October 20, 2011).
7.“What ‘America’ brought to popular culture in Japan: A Case of the Clubs by Occupation Forces and Popular Music at the Occupation Period in Japan , presented at the symposium “ The post-colonial re-organization and the deployment of ‘cultural Cold War/ Cold War Culture’ in East Asia(1940~1950s)”, Institute of East Asia Studies, Sungkonghoe University, Seoul, April 15,2006).