HOME

お問合せ

交通アクセス

日本語English

水野 留規  Ruki MIZUNO

ギャラリー

氏名水野 留規  Ruki MIZUNO
職名教授
教育活動大阪外国語大学で専任講師として6年間教鞭をとった後、1999年に本学着任。
本学および名古屋芸術大学においてイタリア語、西洋文芸、歴史学などの授業を担当。
近年は海外協定校サレルノ大学(イタリア)などとの連携により、国際色豊かな教育プログラムや公開講座を名古屋および南イタリアにて企画・実施。
学位修士(文学) 京都大学大学院
学歴1983 
 大阪外国語大学外国語学部イタリア語学科 卒業
1985 
 京都大学大学院文学研究科修士課程言語学(イタリア文学・イタリア語学)専攻 修了
1991 
 京都大学大学院文学研究科博士課程言語学(イタリア文学・イタリア語学)専攻 満期退学(単位取得)
専門分野イタリア語学、イタリア文学、西洋文化史
研究課題イタリア語学、イタリア文学、西洋文化史
研究教育実績[著書]
2000 
 『Giappone』(共著、伊語著作)グレメーゼ社
2008 
 『体験しようイタリア語、Mosaico』(共著)朝日出版社、CD付
2009 
 『体験しようイタリア語、Biglie』(共著)朝日出版社、DVDとCD付
2010 
 『オーディオブック、ダンテの神曲』(単著)三恵社、CD付(DVDも別途作成)
2011 
 『太陽とアッシジのフランチェスコ』(単著)中部日本教育文化会
2013
 『イタリア語発音トレーニング』(共著)白水社、CD付
2018
 『地獄への招待』(共著)、臨川書店

[論文等]
2008
 タッソの音楽的な詩をめぐって『愛知県立芸術大学紀要37』
2009
 From Linear-Piling up Learning to Inter-sectional Learning(邦題:直線的・積み上げ式学習から、螺旋状的、交差的学習へ、イタリア語教育の新展開と教材開発に関する試み)、英語、共著『愛知県立芸術大学紀要38』
2011
 ルネッサンス文学:ペスト後、『イタリア文化事典』、丸善出版
2011
 La Divina Commedia in Giappone e l'inferno descritto dai pittori giapponesi(邦題:日本における「神曲」と地獄絵)、伊語、『愛知県立芸術大学紀要40』

[翻訳等]
2012
「解放されたエルサレム」第四歌の全体訳と第五歌の部分訳、『愛知県立芸術大学紀要41』
2013
「解放されたエルサレム」第六歌をめぐって、『愛知県立芸術大学紀要42』
2015
「解放されたエルサレム」第七歌の日本語全訳
2016
 ソリマーノの段(1)、『愛知県立芸術大学紀要45』
2017
 ソリマーノの段(2)、『愛知県立芸術大学紀要46』
2019
 エルサレム攻防戦の段、『愛知県立芸術大学紀要48』
2020
 闇夜の決闘の段、『愛知県立芸術大学紀要49』
2021
 旱魃の段および二兵士による旅の段、『愛知県立芸術大学紀要50』
社会的活動2007~2018 以下の公的・準公的事業に関する審査員
・実用イタリア語検定審査員
・イタリア政府公認イタリア語資格試験CELI審査員
・トビタテ!留学JAPAN(文部科学省プロジェクト)専門選考委員

2010~2018 以下の一般人向け催しに関する企画および実施主幹
・研究室企画・公開講座「神曲の夕べ」(2010)
・愛知県立大学企画・公開講座「東西の地獄絵の旅、神曲と六道絵」(2010)
・イタリアにおける公開講座「言葉、音楽、画像に想起されるダンテ」(2010)
・サテライト講座「聖フランチェスコの夕べ」(2011)
・芸術講座「ピノッキオの夕べ」(2012)
・芸術講座「エルサレム解放の夕べ」(2013)
・芸術講座「インフェルノの夕べ」(2014)
・イタリアにおける公開講座 「イタリア詩の音楽性」(2014)