HOME

お問合せ

交通アクセス

日本語English

器楽専攻 弦楽器コース - 概要

053_2019picture_strings.jpg


専攻WEBサイト

http://strings.aichi-fam-u.ac.jp/


専攻概要

世の中の移り変わりと関係なく、音楽は人の心に働きかけ、精神を豊かにするかけがえのない存在であり続けています。弦楽器コースでは、音楽を学ぶ学生たちがその内容の奥深さを感じ取り、核心に触れる研究の積み重ねによって、演奏家として或いは教育者として立派に成長してくれることを願い、国際的に評価の高い外国人客員教授をはじめ、演奏・教育両面で経験豊富な教師陣が指導を行なっています。


人材育成目標

以下に挙げる人材の育成を目指しています。

  • プロフェッショナルな演奏家や指導者、教育者として自ら成長・発展していく力を身につけた人
  • 音楽芸術の発展に寄与し、国際感覚を持ち、広く社会に貢献できる人

卒業までに身につけるべき資質・能力
  • 専門家としての高い演奏技術と知識、豊かな表現能力
  • 音楽作品に対する深い洞察力
  • 独奏、アンサンブル、オーケストラなど、多様な音楽場面で活躍出来る力
  • 自主性を持って自己を成長、発展させてゆく力
  • 国際性と教養


コース 3ポリシー(PDF)


教員

教員一覧


カリキュラム

教育課程の編成方針

個人実技レッスン、室内楽、弦楽合奏、オーケストラなどのアンサンブル系の授業を中心に、基礎の徹底から多くの演奏体験などにより、洞察力を持ったプロフェッショナルな表現力、応用力の習得ができるようなカリキュラムを編成しています。


具体的なカリキュラム構成と特徴

1年次より4年間一貫して行われる充実した個人レッスンと同時に、アンサンブル教育の重視がコースの特徴です。

  • 弦楽四重奏を中心とした弦楽器コースの授業でアンサンブルの基礎を学び、より規模の大きなアンサンブルである弦楽合奏、さらにオーケストラの授業へと発展させていくことで、より深く音楽の本質を学ぶと同時に、主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ態度を身につけます。
  • 室内楽・弦楽合奏・オーケストラそれぞれにおける定期演奏会・学内演奏会などの多くの演奏機会により演奏家としての経験と姿勢を学び、さらに外来のアーティストによるレッスンや共演、提携校への派遣留学制度などにより、国際的な学修経験を積む機会が設けられています。


カリキュラム詳細



卒業後の進路

卒業後はソリスト、室内楽奏者、オーケストラ奏者(コンサートマスター、パート首席奏者、Tutti奏者)等、演奏家として活躍する他、音楽大学・高校の教員、音楽教室の講師として活動する等、多様な進路があります。
又、博士前・後期課程進学或いは海外留学等の道もあります。


就職等

ブレーメンフィルハーモニー管弦楽団、ハンブルクシンフォニー交響楽団、アーヘン市立交響楽団、トリアー市立管弦楽団、国立パリ管弦楽団、フランス国立ロワール管弦楽団、プラハ国立歌劇場管弦楽団、香港フィルハーモニックオーケストラ、名古屋フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団、中部フィルハーモニー交響楽団、NHK交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、オーケストラアンサンブル金沢、仙台フィルハーモニー管弦楽団、山形交響楽団、群馬交響楽団、京都市交響楽団、大阪センチュリー交響楽団、大阪フィルハーモニー、関西フィルハーモニー管弦楽団、大阪シンフォニカー交響楽団、京都市交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、広島交響楽団、九州交響楽団、札幌交響楽団、藝大フィルハーモニア(東京藝術大学管弦楽研究部)、名古屋音楽学校、ヤマハ音楽教室等各地の音楽教室等


教員

愛知県立芸術大学、名古屋芸術大学、琉球大学、福島大学、その他各地の音楽高等学校、一般高等学校


進学

愛知県立芸術大学大学院、その他の国内外の芸術系・教育系大学院


留学等

ドイツ、フランス、オーストリア、アメリカ、イギリス、フィンランド、スウェーデンの各音楽大学等