HOME

お問合せ

交通アクセス

日本語English

声楽専攻 - 概要

045_2019picture_voice.jpg

ヒトの心を満たす歌声を求めて

声帯を振動させることによって生ずる声は、ヒトとヒト同士の会話の域を超え、劇場やホールにおいては歌声として空間を満たし、ヒトの心を動かします。
今日、声楽は歌曲、宗教曲、交響曲、歌劇作品等、様々なジャンルに用いられますが、本学声楽専攻はバロック期から今を生きる作曲家による声楽作品、また宗教曲、歌曲、歌劇作品等の様々なジャンルの実践に精通する教員たちが教育、研究に勤しんでいます。
学生は、その教員からマンツーマンで声楽の基礎である呼吸法と発声、多彩なレパートリーに対応できる豊かな音楽性とテクニックを身につけていきます。また、オペラや合唱等のアンサンブルの実践を通じて、声楽家としての研鑽を積んでいきます。


専攻WEBサイト

http://voice.aichi-fam-u.ac.jp/

専攻 3ポリシー


教員

教員一覧


カリキュラムの概要

豊かな心と幅広い教養、高度な専門性

学部4年間を通じて行われる個人レッスン「声楽研究」は、それぞれの学生の到達度や問題点に応じて教員がアドバイスする、まさに「オーダーメイド」の授業。また、「合唱」やオペラ関連の実技系演習・音楽芸術言語等の関連科目を加えた多彩な授業科目ときめ細かい指導で、声楽家として高度な専門知識と多彩なレパートリーに対応し得る豊かな音楽性、演奏技術を身につけます。

カリキュラム構成と特徴

オペラの基礎を愛知芸大で!

本学はオペラに関する教育に力を入れています。学部3年次のグループ演習「オペラ重唱」、「オペラ基礎」、4年次の「オペラ研究」では、舞台で歌う際、音楽かつ演技で気をつけるべきことをオペラ出演経験豊かな教員のもと学ぶことができます。並行して、長久手市文化の家等で実施する12月の「大学オペラ公演」において3年次はスタッフとして、4年次は合唱として本格的なオペラ公演に関わることにより、オペラへの総合的な理解、実践を深めます。

詳細はこちら(大学案内ウェブパンフレット)


卒業後の進路

卒業生たちは、日本各地、世界各地で幅広く活躍しています。
[進学/留学など]
愛知県立芸術大学大学院、ハンブルク音楽演劇大学大学院、シュトゥットガルト音楽演劇大学大学院、ミュンヘン音楽・演劇大学大学院、ヴァイマール音楽大学大学院"フランツ・リスト"、リューベック音楽大学大学院等、国内外各地の芸術系・教育系大学院、新国立劇場オペラ研修所、二期会オペラ研修所(東京二期会)、コンセルヴァトーリオ名古屋二期会などの研修機関、オーストリア、ドイツ、イタリア(ミラノ、ローマ、ボローニャ)、フランス など
[音楽活動団体]
新国立劇場、東京二期会、名古屋二期会、関西二期会、藤原歌劇団、日本オペラ協会、劇団四季 など
[就職/契約など]
愛知県立芸術大学、京都市立芸術大学、岡山大学、岐阜大学、愛知教育大学、武蔵野音楽大学、名古屋音楽大学、名古屋芸術大学、大阪音楽大学、大阪芸術大学、金城学院大学、桜花学園大学、名城大学、椙山女学園中学校・高等学校、国内各地の小中高等学校、ベルギー王立モネ劇場、ベルリン国立歌劇場、シュトゥットガルト国立歌劇場、ボン市立歌劇場、オルデンブルク国立歌劇場、アーヘン市立歌劇場、ドルトムント市立歌劇場、ヴュルツブルク歌劇場、カイザースラウテルン市立歌劇場、ロストック国民劇場、フォアポンメルン歌劇場、アルテンブルク・ゲラ市立歌劇場、ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジ、ウィーン少年合唱団、東京混声合唱団、びわ湖ホール声楽アンサンブル、神戸市混声合唱団、防衛省(陸上自衛隊音楽隊、海上自衛隊音楽隊、航空自衛隊音楽隊)など