HOME

お問合せ

交通アクセス

日本語English

作曲専攻 音楽学コース - 概要

041_2019picture_musicology.jpg


コースWEBサイト

http://musicology.aichi-fam-u.ac.jp/


コース概要

本コースは、1994年度に学部と大学院(修士)が同時に設置されました。そして、平成21年度には博士後期課程が新設され、学部から博士前期課程および後期課程に至るまで、内外の優れた人材を受け入れる体制が整備されました。授業は音楽学の専門科目(学部の音楽学研究、博士課程前期の音楽総合研究、博士課程後期の博士研究指導)を中心にして行われ、英語、ドイツ語、フランス語など外国語の修得も重視されています。また、音楽の実技や理論を幅広く学び、音楽の実践に密着した研究を展開することができます。在学中には音楽学部の演奏会のプログラム解説の執筆、特別講座などコース内の諸活動にも参与し、実践的な研鑽を積み重ねていきます。


人材育成目標

以下に挙げる人材の育成を目指しています。

  • 音楽・芸術に対する豊かな知的好奇心・感受性を持ち、社会に貢献できる人材
  • 音楽の学問的研究およびそれに関連した業務に携わる人材

卒業までに身につけるべき資質・能力
  • 卒業後に、一般および音楽関連企業への就職、教職(中高)および研究職(大学)、国内外への進学など様々な活動を行うための基盤となる能力
  • 語学をはじめ、実技や理論など幅広い知識と経験


コース 3ポリシー(PDF)


教員

教員一覧


カリキュラム

教育課程の編成方針

学部から博士前期・後期課程への一貫性を見据え、少人数であることを生かしたゼミ形式によるキメの細かい教育を行い、一般および音楽関連企業への就職、教職(中高)および研究職(大学)、国内外への進学などさまざまな進路につながる授業科目、教育体制を編成しています。


具体的なカリキュラム構成と特徴
  • 1年次、2年次で音楽学の基礎的な方法論を学びます。
  • 3年次から各自のテーマに基づく研究に取り組み、4年次で卒業論文を完成させます。
  • その過程において語学をはじめ、実技や理論を修得し、そして特別講座や総合ゼミを通じて幅広い知識と経験を身につけていきます。
  • また国外の研究者・アーティストによるゼミや講演、提携校への派遣留学制度などにより、国際的な学修経験を積む機会が設けられています。

カリキュラム詳細


卒業後の進路

就職等

浜松市楽器博物館、北九州市芸術文化振興財団音楽事業課、豊田市文化振興財団、愛知県文化振興事業団、長久手市文化の家、愛知室内オーケストラ事務局、しらかわホール、ヤマハ音楽振興会、新国立劇場運営財団、豊橋市役所、トヨタ紡織、秀英予備校 等


教員

ノース・カロライナ大学グリーンスボロ校、愛知県立芸術大学(非常勤講師)、名古屋大学(非常勤講師)、名古屋市立の中学校および高等学校、愛知県の私立高校、東京都立特別支援学校等


進学

愛知県立芸術大学大学院、国内外の大学院 等


留学等

フェリックス・メンデルスゾーン・バルトルディ音楽演劇大学ライプツィヒ、カリフォルニア州立大学ノースリッジ校、コロンビア大学大学院、イーストマン音楽院大学院、ロンドン大学大学院、モンペリエ大学大学院、プラハ音楽院、オスロ大学大学院