HOME

お問合せ

交通アクセス

日本語English

芸術学専攻 - 概要

023_2019picture_geijutugaku.jpg


専攻WEBサイト

http://art-h-t-c.aichi-fam-u.ac.jp/


専攻概要

 芸術学専攻では、芸術の理論と実践、作品と歴史を結びつけながら、芸術大学ならではの独創的な研究を目指します。実践の場である実技専攻と隣接する創造的な研究環境の下、個性を尊重した少数精鋭の教育によって、美学、現代アート論、西洋美術史、日本美術史を基幹として芸術の理論と歴史を追求します。そして理論・歴史研究に加え、実技学習で培った感覚を備えた、美術史・美術理論の研究者、学芸員、美術評論家や美術ジャーナリスト、文化財保存に関わる高度な専門家を養成することを目標にします。

 教員は、美学(哲学)、現代アート論、西洋美術史、日本美術史の各分野に常勤の専門家を備え、その他文化財学および関連諸分野の非常勤講師を多数招聘しています。

専攻 3ポリシー(PDF)


教員

教員一覧


カリキュラム

1、2年次には美術史・美術理論の基礎(日本美術史、西洋美術史、現代アート論、美学、文化財学の概説)や基礎実技(平面、立体、映像等)を学び、美術研究の土台を培います。他にも学科関連の多様な授業が開講され、各自の関心に応じて自由に受講し、自主的に研究の幅を広げることができます。

 1年次から3年次まで行う「芸術学総合研究」では、芸術学全教員による研究ガイダンス、および学生による課題研究の発表を行います。「古美術特別研究」(2・3年次合同)は、奈良・京都の古寺や博物館を訪ね、日本の美術の原点に触れます。3年次からは、各領域の研究授業(原典講読)や特講授業、文化財保存修復研究など、少人数のゼミ形式の授業が中心となり、より専門的な学習を行います。

 また3年次では「プロジェクト研究」を課し、特定のテーマに絞った文献研究や学外での調査研究を通じて、卒業研究に向けた研究姿勢と方法論を学びます。他に、「東洋美術史特講」「文化財学特講」「近代彫刻史」「映像表象論」「現代文化特論」等の授業も開講され、各自の関心に応じて研究の幅を広げることができます。4年次には、各自の専門分野を確定し、4年間の研究の集大成として、指導教員のもとで「卒業研究」をまとめます。

カリキュラム詳細


卒業後の進路

多くの卒業生が美術館や博物館の学芸員となり、また文化財修復の分野で活躍を始めています。また公務員になったり一般企業に就職する学生もいます。大学院へは本学をはじめ、専門に応じて全国の様々な大学院に進学しています。


美術館・博物館等への就職

愛知県公立大学法人/愛知県美術館/岐阜県立美術館/宮内庁三の丸尚蔵館/瀬戸市美術館/多治見市美濃焼ミュージアム/名古屋ボストン美術館/兵庫県立美術館/宮城県立東北歴史博物館/中日新聞社


進学先

愛知県立芸術大学大学院博士後期課程/愛知県立芸術大学大学院博士前期課程/大阪大学大学院修士課程/神戸大学大学院修士課程/京都大学大学院修士課程/多摩美術大学大学院修士課程/東京藝術大学大学院修士課程/東京藝術大学大学院博士後期課程/東京大学大学院修士課程/東京大学大学院博士後期課程/名古屋大学大学院修士課程/奈良大学大学院博士後期課程/奈良大学大学院博士前期課程/お茶の水女子大学大学院博士前期課程