HOME

お問合せ

交通アクセス

日本語English

彫刻専攻 - 概要

019_2019picture_sculpture.jpg


人間の原点に根ざした自由で自在な表現を磨く

彫刻は、地球を構成する石・木・土・金属といった基本的な物質や人類が自ら作り出した様々な素材を扱う触覚的な表現分野です。旧石器時代より、彫刻は常に人類の歴史とともにあります。一方で、我々の生きる21世紀は効率が優先される時代で、AIの誕生による変化が象徴するような人間の在り方そのものが問われる時代です。しかし、どのような時代であっても人類がその歴史とともに培ってきた触覚的な造形世界が失われることはありません。

学生は、様々な素材の特性とそれらを扱う技術を習得し、想像力、構想力、造形力、空間把握力を養います。特定の表現様式に縛られることなく"人間の原点に根ざしたものづくり"に必要な自由自在な表現力と豊かな個性を磨いていきます。


専攻WEBサイト

http://sculpture.aichi-fam-u.ac.jp/

専攻 3ポリシー(PDF)


教員

教員一覧


カリキュラムの概要

造形力と想像力を養う

学生は、1·2年次に彫刻制作の基礎として、石・木・土・金属・樹脂等のさまざまな素材とそれらを扱う道具や機械の使い方を学びます。3年次には少人数制のゼミ形式の授業を選択し、各ゼミのテーマに沿ってより広範な表現に対応できる力を養います。更に、自立してものを作る力を高め、独自の表現の可能性を探るとともに、今後の作品制作の方向性を見極めます。4年次には卒業制作に取り組み、これまで学んだことの成果を結実させます。

詳細はこちら(大学案内ウェブパンフレット)


卒業後の進路

学生の多くは、在学中から学内外で様々な作品発表の機会を得て実践的な作家活動の基本を学んでいきます。そして卒業生の多くは、本学で学んだことを基に様々な分野で活躍しています。表現者として国内外での作家活動、留学、教員、保存修復等の道へ進みます。彫刻専攻は学生の個性を尊重し、個々が目指す方向性をともに考えます。
[作家活動]
彫刻家、美術家、造形作家、漫画家、音楽家 など
[教員]
愛知県立芸術大学、名古屋造形大学、愛知産業大学、成安造形大学、福岡教育大学、四日市大学、武蔵野美術大学、玉川大学、鳥取大学、新潟大学、長岡造形大学、金沢美術工芸大学、名古屋学芸大学、福井大学、静岡大学、常葉大学、埼玉純真短期大学、大垣女子短期大学、富山ガラス造形研究所、愛知県立旭丘高等学校美術科、岐阜県立加納高等学校美術科、東邦高等学校美術科、その他特別支援学校・中学校・高等学校教員多数
[就職]
東京国立近代美術館、福井市美術館、愛知県陶磁美術館、愛知仏像修復工房、アトリエあい、カリモク、ギャラリー象家、ギャラリー+(プラス)、きりん工房、ジャスト、日本美術院、前田商事、松坂屋、ミキモト、矢橋林業、石塚ガラス、柏木工、文教スタヂオ、Landscip、パールマネキン、太陽画廊 、日動画廊、冨士ファニチア、角川大映スタジオ、タケナカ、足立ライト工業所、ケイ・ウノ、かすがい市民文化財団、サン樹脂 など
[進学/留学]
東京藝術大学大学院美術研究科修士課程、ハノーファー美術大学、ベルリン芸術大学、デュッセルドルフ美術大学、国立ウィーン芸術大学、セントラル・セント・マーチンズ(イギリス)、チェンマイ大学(タイ)、フランス政府給費留学、イタリア政府給費留学、ドイツ(DAAD)政府給費留学、文化庁3年派遣(ペルー)、文化庁1年派遣(スペイン)