HOME

お問合せ

交通アクセス

日本語English

日本画専攻 - 概要

011_2019picture_nihonga.jpg


岩絵具の輝きが魅了する

日本画における絵画表現は千数百年前から連綿と積み重ねられている伝統的なものです。日本画は、鉱石を砕いて作った岩絵具等を接着剤である膠(にかわ)と混ぜて画面に描いていく絵画表現です。岩絵具の持つ輝きに魅了された学生が日々制作活動に励んでいます。

日本画専攻では、1学年の学生合計10名に対して、専任教員6名、非常勤講師約40名による1対1の個人授業によって伝統的な絵画表現を幅広く深く学び、学生の多様な「夢」を叶えていきます。


専攻WEBサイト

http://japan-paint.aichi-fam-u.ac.jp/

専攻 3ポリシー(PDF)


教員

教員一覧


カリキュラムの概要

日本画に必要な基礎力を養成する

1年次・2年次には日本画表現における基礎的な技法の習得をします。動物・植物・風景制作等の課題を通して、膠、絵具、紙、筆等の材料研究を行います。また古典絵画の模写によって日本画の伝統的な色彩や線描表現を学びます。3年次には個人の発想力や取材を必要とした応用的な制作に入ります。4年次には学部の集大成として卒業制作を行います。大画面の制作を行う事で各自が作品発表の指針を模索し、より専門的な日本画表現を目指します。

詳細はこちら(大学案内ウェブパンフレット)

卒業後の進路

院展・日展・創画会・個展などをはじめ、教員、企業、アニメーション業界等と幅広く活躍しています。

[作家]
院展、日展、創画会、個人活動、イラストレーター、漫画家 など
[教員]
愛知県立芸術大学美術学部日本画専攻、愛知県立芸術大学文化財保存修復研究所、東京藝術大学美術学部絵画科油画、東京藝術大学大学院美術研究科文化財保存学保存修復日本画研究室、上越教育大学、名古屋学芸大学短期大学、愛知産業大学、名古屋造形芸術大学、京都造形芸術大学、名古屋市立工芸高等学校、愛知県立旭丘高等学校美術科、東邦高等学校美術科、岐阜県立加納高等学校美術科、三重県立飯野高等学校、他小・中・高等学校多数
[就職]
河合塾、画塾経営、鳴海製陶、松坂屋、メナード美術館、瀬戸市美術館、スタジオジブリ、小倉工房、サンゲツ、スタジオワイエス、テレコムアニメーションフィルム、舞台美術、コナミ株式会社、表具師、版画家、漆芸家、映像作家、漫画家、学芸員、画家多数
[進学/留学]
東京藝術大学大学院美術研究科修士課程、東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程、文化庁派遣在外研修員、セントラル・セント・マーチンズ(イギリス)