HOME

お問合せ

交通アクセス

日本語English

拡張する知覚ー人間表現とメディアアート

日時

2018年9月15日(土)~9月30日(日)(月曜・火曜休館)

11:00~17:00(入館は閉館30分前まで)

場所

愛知県立芸術大学 芸術資料館


このたび、愛知県立芸術大学では、人の知覚の拡張をテーマにメディアアートの新しいアプローチを問う展覧会として、「拡張する知覚ー人間表現とメディアアート」を開催します。

世界と接するインターフェイスとしての映像や情報の中で、私たちは自身の肉体をどのように認知しているのでしょうか。また、そのような状況を表現としてどのように評価しているのでしょうか。これらの点に着目し、本展覧会は、目の前で起きていることを私たちの体がどのように捉え、どのように接しようとしているのかという問いにアプローチすることを目的としています。認知科学的なアプローチや身体記号的アプローチを、自身で確かめながら外の世界へアクセスしようとする「拡張する知覚」をテーマに作品展示を行います。


展示作家

小鷹研理(認知科学、メディア表現、名古屋市立大学芸術工学部准教授)

大﨑のぶゆき(アーティスト、愛知県立芸術大学美術学部准教授)

大泉和文(美術家、中京大学工学部メディア工学科教授) 

BCL[福原志保・Georg Tremmel](バイオアーティスト)

山本努武(メディアアーティスト、名古屋学芸大学メディア創造学部准教授)

木下雄二(アーティスト、愛知県立芸術大学大学院美術研究科博士前期課程2年)

関口 敦仁(愛知県立芸術大学美術学部教授)


《関連企画》

愛知県立芸術大学芸術講座『見えない世界から見えるもの』

【講師】

田中みゆき(キュレーター)

【日時】

2018年9月22日(土)16:00~18:00

【場所】

愛知県立芸術大学 芸術資料館演習室

【WEBページ】

http://www.aichi-fam-u.ac.jp/news/topics_002215.html

詳細

こちらのチラシをご覧ください。

[問い合わせ]

愛知県立芸術大学
芸術資料館
Tel:0561-76-4698(平日9:00~17:00)