HOME

お問合せ

交通アクセス

日本語English

【終了】レクチャーコンサート ブレヒト・詩と音楽の夕べ ―ナチ時代に亡命したユダヤ系の音楽家たち―

日時

2018年9月11日(火)19:00開演(18:30開場)

場所

電気文化会館 ザ・コンサートホール

(名古屋市中区栄2丁目2−5)


入場料

一般:2,000円 学生:1,000円

全席自由


◇チケット取扱い◇

愛知県立芸術大学生協購買部 Tel.0561-63-7800

愛知芸術文化センタープレイガイド Tel.052-972-0430

※電気文化会館チケットセンターでは本公演のチケット取扱いはありません。各所にて配布しているチラシには誤って表記されています。ここに訂正しお詫び申し上げます。


愛知県立芸術大学では広く県民の皆さまに芸術文化に親しんでいただくために、芸術講座を多数開催いたしております。

このたび、今年生誕120周年を迎えたドイツの劇作家ブレヒトの生きた激動の時代とその作品の魅力を、レクチャーに大塚直(本学准教授)を迎えお届けします。

移民や亡命で揺れる現代社会を1920~40年代の詩と音楽の世界から捉え返す試みです。ブレヒトと協力関係にあったユダヤ系音楽家の珠玉の傑作にご期待ください。


出演者

ソプラノ:藤田 果玲

ピアノ:家田 侑佳

ピアノ:野村 七海

チェロ:向井 真帆

レクチャー:大塚 直


プログラム

クルト・ヴァイル:

《三文オペラ》より〈海賊ジェニーの歌〉

《マハゴニー市の興亡》より〈アラバマ・ソング〉

《ヴィナスの接吻》より〈スピーク・ロウ〉

パウル・デッサウ:

《セチュアンの善人》より〈八頭目の象の歌〉

《動物の詩》

ピカソによる《ゲルニカ》

ハンス・アイスラー:

〈マリー・ザンダースのバラード〉

〈小さなラジオに〉

〈二つの悲歌(あとから生まれてくる者たちに)〉

ハンス・ガル:

ピアノのための三つの小品 Op. 64

無伴奏チェロのための組曲 Op. 109b より第一曲 


ほか



主催:愛知県公立大学法人 愛知県立芸術大学

企画:愛知県立芸術大学芸術創造センター/教養教育ドイツ語研究室

詳細

こちらのチラシをご覧ください。

[問い合わせ]

愛知県立芸術大学
芸術情報・広報課
Tel:0561-76-2873(平日9:00~17:00)