HOME

お問合せ

交通アクセス

日本語English

センター・事業

本学には芸術教育・学生支援センター、芸術創造センター、愛知芸大芸術講座、国際交流、アーティスト・イン・レジデンスなど多様な事業をおこなっています。

センター

芸術教育・学生支援センター

2007年(平成19年)4月の法人化にあわせて新しく設置されたこのセンターは、大学全体の教育に関する企画・立案機能及び教育改革推進機能を有し、学生の学習、大学生活、就職活動におけるきめ細かい学生支援機能を集約した組織です。具体的には授業内容・方法等を改善し向上させるための組織的な取り組み(FD)を行ったり、入学試験業務、成績管理・授業計画等教務に関わること、教育職員免許や学芸員等の資格取得に関すること、奨学金に関すること、学生の健康管理その他福利厚生に関すること、学生の団体活動や賞罰に関すること、学生相談に関すること、就職・進学などの進路指導等、学生の皆さんに対するサービスの向上と充実をモットーにした開かれた組織です。

芸術情報センター

芸術情報センターは、図書及びその他の図書館資料、電子情報などの芸術情報の収集・管理及び企画調整を行うとともに、芸術情報基幹ネットワークの管理・運用及び企画調整を行い、愛知県立芸術大学における教育・研究及び学習活動に資することを目的として、2010年(平成22年)に設置されました。 図書館では、芸術に関する貴重書籍・美術書・音楽書・楽譜・視聴覚資料等を所蔵しており、こうした情報を活用するための検索システムが整備されています。 さらに、芸術に関する種々の専門的なデータベースを利用して学術論文や雑誌記事を検索することもできます。

こうした芸術情報を扱う上で、基幹となるネットワークの安定的運用が重要となりますが、図書館で扱う様々な芸術に関する資料はもとより、本学における研究活動の電子化情報等を基幹情報 ネットワークと一体化して取り扱うことで、芸術情報の有効活用と利用者へのサービスを諮ることが芸術情報センターの役割と言えます。

芸術創造センター

大学存在の意義は、教育および創作・研究の充実にありますが、同時に、つねに外部社会に開かれたものであることも大切です。四十数年の歴史と伝統の上に花開いた現在の愛知芸大の誇るべき内容、成果、可能性などを、学内だけにとどめず、社会に広め、あるいは社会と協力して新しいものを作り上げていく力として活かすことも求められています。

芸術創造センターは、そうした要求に応えるために、大学と社会をよりスムーズに結ぶ目的を持って開設された窓口です。その窓口を通じ、芸術文化面で地域に貢献するために地域社会と共に取り組む「連携事業」、海外の大学や研究施設との交流を進める「国際交流」などが行われます。

その活動内容は多岐にわたり、これまで様々な実績を残してきました。その一例として、平成19年度から愛知芸術文化センターにおいて「サテライト講座」を開講し、既存のカルチャー・センターとはひと味違った、濃い内容の授業を展開しています。幅広い年齢層・職種の方々に参加していただくことによって、大学をより身近に感じていただけたものと考えています。また、学内においては、国内外から一線級で活躍するアーティストを招聘し、滞在期間中に特別授業や講演、ワークショップ、レッスンを集中的に行う「アーティスト・イン・レジデンス」を企画し、多くの学生が世界レベルの教育プログラムを体験しています。

芸術創造センターは、今後も「開かれた大学」「活力ある大学」のすがたの実現に向けて、知恵を絞って様々な活動を展開していきます。

開かれた大学のあり方を目指して、本学では地域のために学内の研究や教育などを学外の人々と共有する活動を行っています。このような地域貢献に加え、それぞれの能力や特質を生かしながら新しい試みに挑戦していこうとする他大学、高校、美術館、劇場、ホール、自治体や企業などとの連携も始まっています。これらには教員のみならず、学生も積極的に参加しています。本学では、地域も大学も活気づく理想の大学像を実現する活動を推進しています。

芸術創造センターウェブサイト

事業

愛知芸大芸術講座

2007年度の大学法人化と同時にスタートしたサテライト講座について、2012年度から美術学部公開講座と一体化し、「愛知芸大芸術講座」としてリニューアルします。
愛知芸術文化センターに限らず学内を含めサテライトギャラリーや県内文化施設(豊田市美術館など)にも展開し、受講者と一体となって学ぶ「参加型」の講座を目指します。

愛知芸大芸術講座についてはこちら

国際交流

海外の大学と学術交流協定を結ぶとともに、アーティスト・イン・レジデンス事業などにより海外から研究者やアーティストを招聘して演奏会や展覧会、ワークショップ、レクチャーなどを開催し、学生が国際的な視点で学ぶ機会を設けています。今後さらに学生の交流を促進するため交流協定校の拡充を図り、世界を視野に入れた学生の挑戦を大学として応援していきます。

collabo-05.jpg

磯見学長とボストン美術館芸術大学
ブラットン学長

美術学部・音楽学部

南京芸術学院 (中国・江蘇省)  1985(S60).10.15締結

美術学部

エジンバラ美術大学 (イギリス・エジンバラ)  2009(H21).2.12締結
ボストン美術館芸術大学 (アメリカ・ボストン)  2011(H23).2.2締結
シルパコーン大学 (タイ・バンコク)  2011(H23).2.23締結

音楽学部

ケルン音楽大学 (ドイツ・ケルン)  2011(H23).1.31締結
マンハッタン音楽院 (アメリカ・ニューヨーク)  2011(H23).3.9締結
クラコフ音楽院 (ポーランド・クラコフ)  2011(H23).3.29締結
ソルボンヌ大学 (フランス・パリ)  2011(H23).6.17締結
ハンブルグ音楽大学 (ドイツ・ハンブルグ)  2011(H23).11.4締結
リスト音楽院  (ハンガリー・ブタペスト)  2011(H23).12.15締結

アーティスト・イン・レジデンス

教育や演奏・制作活動での連携を目的に、国内外のアーティストを本学に迎えています。アーティスト・イン・レジデンス"とは芸術家の「滞在型の活動」を指すもので、欧米の大学や美術館、あるいはオーケストラ等で盛んに行われているものです。 ワークショップや創作等のほかに成果を発表する場が設けられており、芸術家と日常的な活動の場を共有することでより緊密に交流することができます。

アーティスト・イン・レジデンスについてはこちら
協定校への留学についてはこちら(準備中)