HOME

お問合せ

交通アクセス

日本語English

インターネット利用案内

常勤の教職員・学生が学内でインターネットサービスを利用するための申請や設定方法を説明します。

インターネットの利用について

愛知県立芸術大学では常勤の教職員・学生に対して学内の各施設でインターネットへのアクセスを提供しています。
学内のどこでも端末の設定を変更することなく、ネットワークへのアクセスが可能です。
各申請は年内を通して申請可能です。

提供されるネットワークサービス

  • メール
    • 愛知芸大メールアカウントへのアクセス
    • スパム(迷惑メール)対策(愛知芸大メールアカウントのみ)
    • 一般プロバイダメールへのアクセス
    • メーリングリスト(常勤教員・職員のみ)
    • 愛知芸大WebMail(外部リンク)
  • WWW参照
  • WWWホームページ提供

利用申請

学内LANを利用する上で、どんなときにどんな申請が必要か説明します

学校配布のメールアドレスを利用する為に必要(教職員)

「メールアカウント設定申請書」

平成18年度生より全入学生に対しメールアカウントの発行が行われるようになりました。新入生は入学時に全員に配布されます。このため、申請は必要ありません。
入学後の学生ガイダンス、もしくは学務部のカウンターにてメールID・パスワードを受領する必要があります。
メールアドレスは学籍番号を元にアドレスが発行されます。(s + 学籍番号 @ mail.aichifamu.ac.jp)
教職員は名前と苗字を元にアドレスが発行されます。(namae_myouji @ mail.aichifamu.ac.jp)

*個人でない場合はこの限りではありません。
*利用は在学中のみです。

退籍後3ヶ月利用が可能ですが、アカウントの停止処理後アクセスできなくなります。アカウントの停止処理のタイミングは利用者には告知されませんので注意してください。
また、在学生が院生に進学した際に引継ぎができませんので注意してください。(あたらしい学籍番号で再発行されます)

学部・専攻でメールアドレスが必要になる場合や、教職員が業務において必要になる場合は下記の申請書を提出することでメールアドレスの発行を要請できます。
(申請は教職員のみができます。一般学生は申請できません。ただし公的なイベントや集まりによりメールアドレスが必要な場合は教職員の許可の上で学生でも申請できます。また17年度以前の入学でメールアドレス未取得の学生は申請が可能です。)
この場合のメールアドレスの命名規約に制限はありませんが、記号は"."(ドット)""(ハイフン)"_"(アンダーバー)のみが利用可能です。"."(ドット)はメールアドレスの最初と最後に使うことが出来ません。また2個続けて使うことが出来ません。

申請の受付に期限はありません。処理は申請より最長1週間程度で完了します。

メールアカウント設定申請書

メールの転送をしたいときに必要(教職員)

「メール転送設定依頼申請書」

愛知芸大ドメインのメールアドレスから任意のアドレスへメールを転送したいときに申請します。転送元は愛知芸大ドメインのメールアドレス限定ですが、転送先は愛知芸大ドメインのメールアドレスに限定しません。(通常のインターネットプロバイダなどのメールアドレスが指定可能です)ただし、添付ファイル等も転送されますので携帯アドレスなどに転送する場合は注意が必要です。 教職員のみ申請可能です。一般学生は申請できません。

処理は申請より最長1週間程度で完了します。

メール転送設定依頼申請書

メーリングリスト(同報発信)を作成したいときに必要(教職員)

「メーリングリスト作成依頼申請書」

メーリングリスト(同報発信)を作成したいとき、もしくは編集したいときに申請します。
教職員のみ申請可能です。一般学生は申請できません。

処理は申請より最長1週間程度で完了します。

メーリングリスト作成依頼申請書

ホームページを公開するときに必要(教職員)

「一般公開Web設定依頼申請書」

この申請を提出していただくことで "http://****.aichi-fam-u.ac.jp" のようにアクセスできる、Webスペースを提供します。 ただし、wordpressのようなCMSなどの動的コンテンツは利用不可能です。

一般公開Web設定依頼申請書

学内外で特定通信をする際に必要・サーバを設置する際に必要 (教職員)

「FW通信許可設定依頼申請書」・「固定IPアドレス設定依頼申請書」

FW通信許可設定依頼申請は学内→インターネットの通信で、通常許可されていないメール・WWW参照以外のサービスへのアクセスや、学内に設置されたサーバをインターネットからアクセスできるようにする際に必要な申請です。 固定IPアドレス設定依頼申請書は通常、PCやネットワーク機器を接続するときに自動で割り振られるIPアドレスを固定で利用したいとき提出する申請です。 ファイル共有サーバやネットワークプリンタを設置する際に必要です。

FW通信許可設定依頼申請は期限設定が前提です。無期限の申請は特例措置を除き、受け付けていません。 すでに固定アドレスにて運用しているサーバを公開する場合は「FW通信許可設定依頼申請書」だけで結構です。 また、WWWサーバを新規に学外へ公開する場合は上の「一般公開Web設定依頼申請書」も必要です。 この2つの申請は芸術情報グループにて審議され許諾を得てからの提供となります。

FW通信許可設定依頼申請書
固定IPアドレス設定依頼申請書

受付時間 月-金 9:00~17:00
愛知県立芸術大学 学務部
Tel 0561-76-2936


設定方法

各サービスを利用する為にPCに設定する設定方法を説明します

WWWを参照するには(インターネットブラウザの設定)

インターネットのWWWを参照するためには、PCにプロキシサーバの設定を入力しなければWWWの参照ができません。
プロキシサーバの設定方法は各OS・ブラウザによって異なります。下記の手順書を参照してください。
Proxyサーバ: 192.168.20.10:3128

インターネット利用設定手順書(Windows)
インターネット利用設定手順書(Macintosh OSX)

メールの利用方法

学内はもとより、世界中のどこからでもアクセスできるWebメールを提供しています。
愛知芸大ホームページの右下の"愛知芸大Webmail"からアクセスできます

愛知芸大Webmail

スパム(迷惑メール)対策システムについて

2010年2月よりスパム(迷惑メール)対策システムが導入されました。この機能は@mail.aichi-fam-u.ac.jp のユーザーすべてが対象となっています。 通常、明らかなスパムメールは受信者に届かないようにされていますが、判断が難しいものについては、メールのタイトルに"SPAM"と表記が追加されて配信されます。この機能をユーザーのPCで有効に活用するメール振り分け機能の説明もあわせて参照してください。

※ 迷惑メールは装置が特殊な条件で選別している為、ごく稀に、届くはずのメールが受信できないケースがあります。そのような場合はネットワーク保守担当までご連絡ください。 ※ Webメールでは振り分け機能は利用できません。

メール振り分け手順(Windows:Outlook Express)
メール振り分け手順(Macintosh OSX:mail)

Webメール

wwwブラウザを利用してメールの送受信が行えます。メールソフトでのアクセスと異なり、学外でインターネットを利用してみることができます。

こちらからアクセスできます。

メールパスワード変更

下記のサイトにてメールアカウントのパスワード変更がおこなえます。 パスワードの変更は古いパスワードが必要です。 変更ページへのアクセスは学内からしか行えません。

メールパスワード変更

受付時間 月-金 9:00~17:00
愛知県立芸術大学 学務部
Tel 0561-76-2936


よくある質問

ここではよくある問い合わせについて回答しています。 問い合わせの前に当てはまる症状を確認してみてください。

メールは送れるけど、相手の人に返事が送れないって言われた...
あなたが相手に伝える自分のメールアドレスの設定が間違っている可能性が高いです。
メールアカウントの設定の自分のアドレスが書かれている設定項目を確認してみてください。
設定をしたのに、パソコンをつないでもメールもWWWも見れない...
申請済みの端末で以前はつながっていたのに突然つながらなくなった場合はパソコンがIPアドレスの取得に失敗している可能性があります。
このケースではノートパソコンでレジューム(電源を切る前の状態を記録しておく機能)を利用している場合が多いと思われます。パソコンをネットワークに接続できる状態にしてパソコンを再起動してみてください。
メールを送ったら、自分のメールが添付された英文のメールが返信されてきたんだけど...
インターネットメールは世界中で利用されているため、エラーの際のメッセージは英語になっています。
自分で送ったメールに対してこのようなケースが起こる場合は、送り先のメールアドレスが間違っている送り先のメールアドレスの持ち主が何らかの理由でメールアドレスを利用できない状態になっているのどちらかの可能性が高いと思われます。
送ったメールや送信相手を確認してみてください。
学内でWWWを見える設定をしたら、家でWWWが見れなくなっちゃった...
学内ではインターネットのWWW利用のためにインターネットブラウザにプロキシサーバの設定が必要です。
手順は「設定方法」を参照してください。
自宅ではプロキシサーバの設定は必要ありませんので設定をはずして利用してください。
メールでOutlookExpressを使っているんだけど、送られた添付ファイルが開けない
ウイルス防止オプションが有効になっています。
[ツール] - [オプション] - [セキュリティ] - ウイルス防止"ウイルスの可能性がある添付ファイルを保存したり開いたりしない" のチェックを外します。
OutlookExpressではこのチェックを外さないとほとんどの場合で添付ファイルの利用ができません。
このオプションは"感染の可能性のある"ファイルすべての利用を停止してしまいます。
このチェックを外すことでウィルスに感染してしまうわけではありませんが各個人でウィルス対策は別に必要です。
ウィルス対策ソフトウェアなどでの自衛は必ずしてください。
プロキシサーバの設定を入れたのにWWWが見れない...
Macintoshでは設定を行うことでプロキシ設定が反映されるインターネットブラウザは「Safari」と「InternetExproler」だけです。
もし「NetscapeNavigator」や「Firefox」を利用しているなら、そのブラウザの設定項目にプロキシサーバの設定が別に必要です。