HOME

お問合せ

交通アクセス

日本語English

器楽専攻 ピアノコース - 概要

ピアノコースサイト

18世紀の中頃にピアノという楽器が生まれて以来、西洋音楽の歴史はピアノとともに発展・展開してきました。ピアノ作品の数も非常に多く、また多岐にわたっています。本学ピアノコースでは演奏家を志す方々のために、個人レッスンを中心とするきめ細かな教育をおこなっています。カリキュラムの中心となる独奏については、4年間にバロックから現代までそれぞれの様式について一通りの知識と奏法を学び、実技試験(一部は公開となります)で発表します。マンツーマンの指導によって、しっかりとした基礎能力を身につけたうえで、多くの経験・体験で応用力を涵養するべく、合奏・室内楽・伴奏法などの授業で重奏、アンサンブル、声楽・器楽伴奏を学びます。これらを学内外で発表し、演奏経験を積む機会も増えてきました。学生たちの意欲 や探究心、可能性に応え、また卒業後の音楽活動に幅広く豊かな将来性がもたらされるよう、教員一人一人がそれぞれの特色を生かしつつ研究・努力を重ねています。音楽を表現する高度な技術によって豊かな音楽的想像力が醸成されるよう、国際的に評価の高い外国人客員教授を招き、学部・大学院学生の指導の他に特別講座を毎年開催し、音楽性の向上に意を尽しております。

ピアノコース 3ポリシー

詳細はこちら(PDF)