HOME

お問合せ

交通アクセス

日本語English

音楽研究科 博士後期課程

writingroom-01_large

 充実した施設設備を備えた独立した博士棟において、各専門の研究を一層深化・高度化するとともに、創作・演奏研究と理論研究を高度に総合化し、領域横断的な研究にも対応する教育システムを編成、提供しています。音楽研究科博士後期課程の修了者には、大学等高等教育研究機関の教員・研究者、文化事業団体等の文化機関における中核的役割を担う人材やプロフェッショナルな演奏家等として、国内外で活躍が期待されます。
 取得できる学位は博士(音楽)です。

教育課程の概要

授業科目

区分授業科目内容履修年次
必修科目 博士研究指導I-III 指導教員及び副指導教員による博士論文等の作製に係る指導 1-3年次
特別演習 公開セミナー形式をとり、博士後期課程の担当教員と学生が出席する中で、
担当の学生が研究発表を行い、それに対して出席者全員が共同討議を行う
もの
2年次
選択必修科目 音楽創作・表現研究I・II 各専門領域における実践的、理論的な研究を通して、より高度な実技能力と
音楽表現力、音楽想像力を修得する。
1-2年次
音楽理論研究I・II 音楽学諸分野の先端的研究の指導を通して、高度な音楽学研究の方法論を
修得する。
1-2年次


指導体制

 各学生の研究テーマの中心となる内容の分野を専門とする指導教員1名と副指導教員1名以上により研究指導にあたります。
 副指導教員の1名は、音楽理論研究を主専攻とする学生に対しては音楽創作・表現研究系の教員があたり、音楽創作・表現研究を主専攻とする学生に対しては、音楽理論系の教員があたります。


修了要件

本課程に3年以上在籍し、必修科目及び必修選択科目を合わせて14単位以上を修得した上で、博士論文(研究分野によっては、博士学位申請リサイタル等)の審査及び最終試験に合格すること。


目的・ポリシー

音楽研究科博士後期課程の目的はこちらをご覧ください。

音楽研究科博士後期課程のポリシーはこちらをご覧ください。


学位

博士(音楽) Doctor of Music

2017年度音楽研究科博士学位論文公開審査会の開催について

下記のとおり、博士(後期)課程学生1名の博士学位論文公開審査会を開催します。

学生が博士(後期)課程で行った研究の集大成となるもので、一般に公開していますので是非ご来場ください。 

発表日時場所分野発表者氏名論文題目
2018年1月25日(木)
12:30~
大学 管理棟3階
大会議室
弦楽器 杉山 怜

イヴァン・ヴィシュネグラツキーの弦楽四重奏曲に用いられた四分音技法

― 四分音による旋法性の形成 ―

博士論文題目一覧

2017年度

学位記番号 氏名 題目
博音第12号 杉山 怜 イヴァン・ヴィシュネグラツキーの弦楽四重奏曲に用いられた四分音技法 -四分音による旋法性の形成-


2016年度

学位記番号 氏名 題目
博音第10号 七條 めぐみ

アムステルダムにおけるリュリのオペラの組曲版―楽譜出版者エティエンヌ・ロジェ(1665/66-1722)に関する歴史、文献、音楽面からの研究

Les suites instrumentales issues des opéras de Lully publiées à Amsterdam : études historique, philologique et musicale sur l'éditeur Estienne Roger (1665/66-1722)

博音第11号 徳永 崇 柴田南雄のシアター・ピースにおけるハイブリッド性 ―《氷口御祝》との類似点を手掛かりにして―


2015年度

学位記番号 氏名 題目
博音第8号 海老原 優里 ドビュッシーの演奏美学 ―ドビュッシーが校訂したショパン全集の指使いから―
博音第9号 深堀 彩香 音楽面からみるイエズス会の東洋宣教 ―16世紀半ばから17世紀初期におけるゴア、日本、マカオを対象として―


2014年度

学位記番号 氏名 題目
博音第6号 高山 葉子 マウリツィオ・カーゲル《Match?fur drei Spieler》における知覚的統合
博音第7号 森本 頼子 シェレメーチェフ家の農奴劇場(1775~97年)におけるトラジェディ・リリック上演――フランス・オペラ受容からロシア・オペラの創出へ


2013年度

学位記番号 氏名 題目
博音第2号 成本 理香 日本の伝統音楽から着想を得た戦後日本の前衛音楽作品について ――松平頼則と湯浅譲二の作曲技法を中心に――
博音第3号 高木 彩也子 フーゴー・ヴォルフの初期歌曲にみられるアーダルベルト・フォン・ゴルトシュミットの影響 ――1877年の支援に関する総合的考察――
博音第4号 白石 朝子 アンリ・ジル=マルシェックスによる日仏文化交流の試み ――4度の来日(1925-1937)における音楽活動と日本音楽研究をもとに――
博音第5号 丹下 聡子 アルテスのフルート教本再考 ―― 導音の奏法に見る19世紀の美意識 ――


2012年度

学位記番号 氏名 題目
博音第1号 籾山 陽子 ディクションの視点によるヘンデル≪メサイア≫研究 ―ヘンデルの歌詞付けの正当性―