HOME

お問合せ

交通アクセス

日本語English

美術研究科 博士前期課程

研究科1専攻として21年度より修士課程が博士前期課程として設置され、美術・デザインの研究領域の拡大や複合領域での研究が進む中、時代のニーズや教育・研究の高度化に合致させるため1専攻とし6研究領域が相互に複合する研究も可能な体制としました。また芸術の学際的研究の対応ができる体制とするだけでなく、従来の研究領域の更なる高度化を計ります。また、複合領域での研究体制の強化と実践、大学に望まれる地域貢献、社会貢献などを目的とするプロジェクトを設定し、学修成果と実践的実務との融合を計ります。
また、領域を越えた2つ以上の研究室が企画立案し実施するプロジェクト研究を行っています。

複合芸術プロジェクト

芸術多領域:平面、立体、空間、映像、音楽、メディアなど芸術多領域の複合研究 表現の多様化から既存の研究分野だけでは対応出来ない様々な芸術表現を、研究領域にとらわれない学際的な関わりで研究、実践を行う。演劇やオペラ等も含まれる。

美術プロジェクト

保存修復系プロジェクト(文化財の保存修復の継承)
平面領域:絵画の保存修復技術の研究、実践
立体領域:彫刻の保存修復技術の研究、実践
芸大での豊富な蓄積を継承しながら、文化財保存修復を目的に、絵画から彫刻などの保存修復技術の高度化研究および実践を行う。
暮しとデザイン系プロジェクト(21世紀の地域・文化創りと発信)
環境領域:地域の街づくり・景観事業等の環境デザイン研究
プロダクト・グラフィック・メディア領域:企業と連携したものづくり・メディア研究・製品開発
デザイン振興領域:自治体・団体のデザイン研究
21世紀のコンセプトであるサシティナブルな視点からのデザインに求められるものは多様化し、環境からモノ、人材育成まで多岐にわたる。地域貢献や研究の高度化が望まれる中、これらのテーマから研究・開発・実践を行う。

教育課程の概要

目的・ポリシー

美術研究科博士前期課程の目的はこちらをご覧ください。
美術研究科博士前期課程のポリシーはこちらをご覧ください。