HOME

お問合せ

交通アクセス

日本語English

デザイン専攻 - カリキュラム

  1年次2年次3年次4年次
専攻科目  

デザイン実技Ⅰ
工房実習Ⅰ、描写と画材、時間と表現、素材と立体造形、構造と形、色彩と構成、リサーチ、ダンボール遊具、立体造形の研究、食、セルフポートレート、コピーライティング、インフォグラフィックス

デザイン実技Ⅱ
メディアデザイン概論無形のデザイン、プロダクトデザイン概論飛ぶカタチを探る-立体凧の制作-、視覚伝達デザイン概論イラストレーション、環境デザイン概論個の空間、総合課題、知多半島 共同研究提案

古美術研究

 

 

4年次前期は、専門領域に所属しながら、自分自身でテーマを決めて制作をおこないます。後期には卒業制作に取り組みます。

視覚伝達デザイン領域  

GPコラボレーション時計 置き時計か目覚まし
GEコラボレーション カフェ・ショップデザイン
印刷技法による絵画表現
シルクスクリーン

デザイン実技Ⅲ
・ことばで伝える フォントデザイン
・メッセージを伝える ポスターのデザイン
・ストーリーを伝える 編集のデザイン
・人を動かす 広告のデザイン
・人に届ける パッケージのデザイン
・自分を演出する 100のかたち

デザイン実技Ⅳ
・視覚伝達研究1(自主研究)
・視覚伝達研究2(自主研究)
・卒業制作

メディアデザイン領域  

GPコラボレーション時計 置き時計か目覚まし
GEコラボレーション カフェ・ショップデザイン
ストーリーをつくる

デザイン実技Ⅲ
・映像、CM
・Webデザイン CMS
・地域のブランドをデザインする
・フリーペーパーを企画する
・紙をデザインする
・展示を企画するデザインマネージメント 

デザイン実技Ⅳ
・媒体研究1(自主研究)
・媒体研究2(自主研究)
・卒業制作

プロダクトデザイン領域  

MEコラボレーション 空間を拡張する仕掛け
MPコラボレーション 地域とグッズ
ユニバーサルデザイン

 

デザイン実技Ⅲ
・対象を見つめる一人称から三人称へ
・「暮らす」を支えるもの
・エコロジーとデザイン
・セラミックのデザイン
・公共のデザイン
・オブザベーション[観察]からの

デザイン実技Ⅳ
・プロダクト研究1(自主研究)
・プロダクト研究2(自主研究)
・卒業制作

環境デザイン領域  

 

MEコラボレーション 空間を拡張する仕掛け
MPコラボレーション 地域とグッズ
光の建築

 

デザイン実技Ⅲ
・水の始まりと終わり現象のデザイン
・浮遊する空間のデザイン
・ショップデザインコンビネーションショップのデザイン
・ランドスケープデバイス環境に作用する装置のデザイン
・アルゴリズミックデザイン
・住宅のデザイン住まい方のデザイン

デザイン実技Ⅳ
・環境研究1(自主研究)
・環境研究2(自主研究)
・卒業制作

関連科目 〇1年次
デザイン・工芸論/工房実習I/立体造形の研究
〇2年次
デザイン文化史特講/工房実習II
〇3年次
デザイン特講/素描及び色彩研究
〇1・2年次
図学
〇2・3年次
写真ゼミ/グラフックゼミ/立体空間ゼミ/Webデザイン基礎
〇1年次以上
美術解剖学/学部共通関連科目
〇2年次以上
色彩学
  • 基礎教育科目
    日本美術史概説/西洋美術史概説/美術材料学/現代アート概説/デザイン史

  • 教養教育科目
    英語/ドイツ語/フランス語/イタリア語/身体運動・健康科学/情報科学/心理学/芸術論ほか

カリキュラムの特徴

いろいろ学べる基礎課程
 愛知芸大デザイン専攻では1年? 2年前期は専門領域に分かれず、様々なデザインの基礎について全員で学びます。基礎からしっかり学び、いろいろな課題にトライすることで、将来何をやりたいかじっくり考えることができます。この間に、2年後期からの専門課程に備え、自分の個性を磨き、志向性を見極めます。

深く学べる専門領域選択制、幅広く学べる課題選択制
 現在のデザインの世界では、従来のカテゴリーに縛られない新しいデザインのありかたや、特定のデザイン分野にかたよらない幅広い分野の知識や技術がもとめられるようになってきています。本学デザイン専攻では、2年後期? 3年後期はデザインの4つの専門領域から自身の所属専門領域を選択するとともに、4つの専門領域から課せられる多様な課題を自らの志向性にあわせて選択することができます。所属する専門領域担当教員と常にコミュニケーションを図りながら、自分の将来像に相応しい能力を身につけるために、自らが主体となって学習計画を立案・実行することができます。「こうありたい自分」を教員と恊働して創りだしていく、少人数教育ならではのシステムです。