HOME

お問合せ

交通アクセス

日本語English

デザイン専攻 - 概要

デザインは人の生活を創造性豊かに導き、快適で美しく、心地よいモノ、場、空間、情報等を、時代をふまえて社会へ提案する研究領域です。この専攻においては、視覚伝達デザイン、プロダクトデザイン、環境デザイン、メディアデザインの4つのデザイン領域を縦糸に、デザイン方法論や理論を横糸として、人々の多様な生活様相や先進的技術に対応できるデザイン概念の構築とそれを具現化する技術の修練としての実技を軸としたカリキュラムを構成しています。また、幅広い総合力のある人材育成を目的としてデザインの基礎教育の充実とともに、実技課題だけでなく、多様な専門領域の知識や技術の習得のために社会で活躍する各分野の専門家による講義や現場見学、調査等を行っています。特に近年では工業化社会から情報化社会そして循環型社 会へと移行するなかでデザインの重要性が高まっていることから、新しい文化の創造性に貢献する方法や手法を審美的視点からさまざまなデザイン領域で研究活動を行っています。

アドミッション・ポリシー

デザインは、人の生活を創造性豊かに導き、快適で美しく、心地よいモノ、場、空間、情報等を、時代をふまえて社会に提案する研究領域です。求める人物像は次の通りです。

  • 自ら学び、考え、よりよく問題を解決しようとするチャレンジ精神旺盛な人
  • 創造力、探求心、発想力が豊かな人
  • 将来に渡ってデザインの世界にかかわる意志を持った人

ディプロマ・ポリシー

デザインでは「暮らしとデザイン」を主テーマに、創造性豊かに、美しく心地よいモノ、視覚、空間、情報等をデザイン提案出来る専門家の人材育成を目的としています。卒業制作(実践的な作品制作及び研究)を課し、創造性、独自性、社会性などを総合的に判断します。所定の科目を習得し、その単位(卒業制作を含む)を取得した者を卒業と認め「学士」の学位を授与します。