HOME

お問合せ

交通アクセス

日本語English

芸術学専攻 - 概要

芸術学専攻サイト

芸術学専攻は、愛知県立芸術大学の美術学部におかれた理論系専攻として、実技学習との有機的連携をはかりながら、美術史・美術理論(日本美術史、西洋美術史、現代アート論、美学)および文化財学の研究と教育を行います。本専攻の目的は、美術史研究者や美術館学芸員、美術評論家や美術ジャーナリスト、文化財保存に関わる専門家などの育成を視野に入れた基礎教育の実践にあります。卒業に際しては、卒業研究(主として論文)を課します。

アドミッション・ポリシー

芸術学専攻は、少人数制を生かし、フェイス・トゥ・フェイスの密度の高い指導を通じて、高度な専門家―美術史・美術理論の研究者、学芸員、美術評論家、美術ジャーナリスト、アート・マネージメントや文化財保存の専門家等―の養成を目標として、次のような学生を求めています。

  • 美術作品の鑑賞や制作に強い意欲と関心を持っている人。
  • 美術史、現代アート論、美学、文化財学等に関心の高い人。
  • 柔軟な感性と論理的な思考力を持ち、語学力にも優れている人。

ディプロマ・ポリシー

芸術学の諸分野(日本美術史、西洋美術史、現代アート論、美学)に加えて、文化財学(美術品保存に関する歴史と理論及び修復技術)をもう一つの柱とした研究教育を特徴としています。卒業研究(主として論文)を課し、美術に関する美的分析と論述能力を総合的に判断します。
所定の科目を習得し、その単位(卒業論文を含む)を取得した者を卒業と認め「学士」の学位を授与します。