HOME

お問合せ

交通アクセス

日本語English

彫刻専攻 - 概要

彫刻専攻サイト

彫刻専攻は、多様化する現代社会での立体表現に重点を置きながら、広範な教育を行うことで、将来のアーティスト、研究者、芸術教育等の専門家を養成します。1・2年次は、実習を通した実技および理論の基礎教育を、3・4年次にはその応用教育を徹底した個別指導により行います。更に、国内外で活躍している作家・評論家によるレクチャーを行い、新しい表現を生み出す創造力と社会との関わりを多面的に理解するための力を育みます。

アドミッション・ポリシー

彫刻専攻は、国境を越えて展開される様々な造形表現を睨みながら、実技・理論双方に対応できる教育を目指しています。カリキュラムに沿った基礎訓練と応用・展開のプログラムの上に、創造性に満ちた研究を自ら進んで展開することが出来る学生を求めています。

  • 自己管理能力と協調性をあわせ持つ人
  • 不得意とする事柄に対してまっすぐ立ち向かう強い意志と、忍耐力、持久力、体力のある人
  • 先入観に拠らず、自身の考えに対して絶えず異なった観点からの問いを発し、
    自身の創作によってその答えを模索しようとする人
  • 上記のことを含めた意味で、"美術"が好きな人

ディプロマ・ポリシー

多様化する現代社会での立体表現に重点を置きながら、広範な美術教育を行うことで、将来の芸術家、研究者、芸術教育の専門家等の人材育成を目的としています。学部における学習研究の成果を問うために卒業制作を課し、習得技術、表現力などを総合的に判断します。
所定の科目を習得し、その単位(卒業制作を含む)を取得した者を卒業と認め「学士」の学位を授与します。